右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成27(行ウ)126
事件名
 扶助料請求申請棄却処分取消請求事件
裁判年月日
 平成29年9月29日
裁判所名
 大阪地方裁判所
分野
 行政
判示事項
 (1) 恩給法75条1項2号にいう「公務ニ因ル傷痍疾病ノ為死亡シタルトキ」の意義
(2) 公務に起因する傷病と死亡との間の相当因果関係が認められず,恩給法75条1項2号にいう「公務ニ因ル傷痍疾病ノ為死亡シタルトキ」に該当しないとされた事例
裁判要旨
 (1) 恩給法75条1項2号にいう「公務ニ因ル傷痍疾病ノ為死亡シタルトキ」に該当するには,公務と傷病との間及び傷病と死亡との間のいずれについても相当因果関係が存在することが必要であり,死亡に至る原因が複数競合している場合には,公務に起因する傷病が単に公務員の死亡の一要因となっているだけでは,当該公務に起因する傷病と死亡との間の相当因果関係を認めることはできず,当該相当因果関係が認められるためには,当該傷病が,当該公務員の死亡の発生に対して,当該傷病以外のその他の要因に比して相対的に有力な原因になっているという関係が必要である。
(2) 旧軍人が,①昭和21年に公務に起因して右第2~第5趾切断の傷害を負い,②平成18年(当時87歳)に右足部難治性潰瘍を発症してその治療を受け,③平成19年以降に肺炎による入退院を繰り返し,④平成23年(当時92歳)に肺炎を死因として死亡したという経過において,前記②の潰瘍の発症に対しては,閉塞性動脈硬化症が前記①の傷害に比して相対的に有力な原因と認められるから,前記①の傷害と前記②の潰瘍との間に相当因果関係は認められず,仮に当該相当因果関係が認められるとしても,前記①の傷害ないし前記②の潰瘍が,当該潰瘍の治療の後に生じた廃用症候群,前記③の肺炎,前記④の死亡の発生に対して,その他の要因に比して相対的に有力な原因になっていると認められないから,前記①~④の各間の相当因果関係,すなわち公務に起因する傷病と死亡との間の相当因果関係があるとは認められず,恩給法75条1項2号にいう「公務ニ因ル傷痍疾病ノ為死亡シタルトキ」に該当しない。
全文
全文