右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成27(行ウ)429
事件名
 イラク戦争検証結果報告書不開示処分取消等請求事件
裁判年月日
 平成30年11月20日
裁判所名
 東京地方裁判所
分野
 行政
判示事項
 外務大臣がした外務省内において実施された検証に関する行政文書の一部につき開示をしない旨の処分が,外務大臣に与えられた裁量権の範囲から逸脱し,又はこれを濫用してされたものとは認められないとされた事例
裁判要旨
 米国,英国等が,2003年3月,イラクに対して武力行使をしたことが,国際政治上及び安全保障政策上,機微な問題であること等の事実関係の下においては,外務大臣が,情報公開法5条3号の規定に基づき,その保有する行政文書の一部につき開示をしないとした部分に記録された情報を公にすることにより,国の安全が害されるおそれ,他国との信頼関係を損ねるおそれ又は他国との交渉上不利益を被るおそれがあると判断したことについて,外務大臣に与えられた裁量権の範囲から逸脱し,又はこれを濫用したものということはできないとして,外務大臣がした行政文書の一部につき開示をしない旨の処分を適法とした事例
全文
全文