上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 千葉地方裁判所・千葉家庭裁判所 > 千葉地方裁判所について > 広報活動 > 松戸支部庁舎落成式


新庁舎落成式を行いました

 千葉地方・家庭裁判所松戸支部,松戸簡易裁判所,松戸検察審査会の新庁舎落成式が6月10日に行われました。
 司法関係者等約40名の方々の御臨席を賜り,新庁舎の完成を祝いました。

落成式の様子

 山名学・千葉地方裁判所長は式辞で,新庁舎が,緑豊かな周辺環境に溶け込むように配慮されており,庁舎内部は利用者の利便性を確保することができたとした上で,「新庁舎は,皆様に身近で利用しやすい裁判所を実現するよう期待する声が反映されたものであることを自覚し,その期待に応えられるよう,引き続き努力を重ねていく」と述べました。

 式辞を述べる山名地裁所長

 続いて松田清・千葉家庭裁判所長は式辞で,新庁舎は家裁を2階に配置し,民事部門が配置された1階と階を隔てることで,家裁への来庁者のプライバシーに配慮したものとなっているとした上で,「信頼される裁判所であり続けられるよう,職員一同決意を新たにして,努力を重ねていく」と述べました。

式辞を述べる松田家裁所長

 また式典では,御来賓の方々から祝辞を頂戴いたしました。
 落成式終了後,新庁舎の見学会を実施しました。

新庁舎

 新庁舎は地上5階地下1階,延床面積は1万337㎡の鉄骨鉄筋コンクリート造りとなっています。
 また,吹き抜けを設置して採光しているほか,自然換気の促進,屋上への太陽光発電パネルの設置など,自然エネルギーの積極的な利用を行っています。
 さらに,前面道路から庁舎までの段差をなくし,各階に多目的トイレを整備するなどして,庁舎内外のバリアフリー化を図っています。

 新庁舎外観  新庁舎1Fロビー