上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 千葉地方裁判所・千葉家庭裁判所 > 千葉地方裁判所について > 広報活動 > 「法の日」週間広報行事を開催しました


平成30年度「法の日」週間広報行事「皆さんに知ってもらいたい!民事調停制度」(千葉県調停協会連合会共催)を開催しました

千葉地方裁判所では,「法の日」週間広報行事を10月25日(木)に開催しました。

 当日は,一般市民の方を対象に,「民事調停制度の説明」,「調停申立書作成体験」,「模擬調停の傍聴」,「調停室等の見学」,「質疑応答」を行いました。

当日の様子

 当日は,50名を超える多くの方に参加していただき,参加者は,裁判官による民事調停制度の説明の後,模擬調停で扱う事案をもとに,調停申立書の作成体験をしました。その後,参加者は,調停委員及び裁判所職員による模擬調停を傍聴したり,実際に利用される調停室等を見学しながら民事調停の一連の流れがどのようなものかについて理解を深めている様子でした。
 また,質疑応答では,参加者が行事中に感じた疑問などに関する質問が活発になされ,裁判官や裁判所書記官,調停委員が回答しました。

申立書の作成体験 模擬調停 質疑応答

参加者からのご感想

・傍聴した模擬調停が身近な問題を扱っていてわかりやすかった。
・調停制度がこんなにも安価で親切な利用しやすいものであることを初めて知った。
・調停制度について,具体的なイメージを持つことができずにいたが,調停の役割や手続の流れがよく分かった。
・調停申立書が誰にでもわかるようにできていることがわかった。