上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 福岡地方裁判所・福岡家庭裁判所 > 福岡家庭裁判所について > 福岡家庭裁判所長


福岡家庭裁判所長

氏   名  白 石   哲( しらいし てつ )( 山口県出身 )

生年月日  昭和30年10月26日生

略歴

昭和57年 4月
司法修習生(横浜)
昭和59年 4月
東京地方裁判所判事補
昭和61年 4月
福井地方・家庭裁判所判事補
平成元年 4月
大阪地方裁判所判事補
平成 4年 4月
徳島地方・家庭裁判所判事補
平成 6年 4月
徳島地方・家庭裁判所判事
平成 7年 4月
東京地方裁判所判事
平成 8年 3月
裁判所書記官研修所(現在 裁判所職員総合研修所)教官
平成11年 4月
東京地方裁判所判事,東京高等裁判所判事職務代行
平成12年 4月
福岡高等裁判所判事
平成14年 7月
福岡高等裁判所事務局長
平成19年 4月
東京地方裁判所判事部総括
平成26年 5月
大分地方・家庭裁判所長
平成27年 4月
福岡高等裁判所判事部総括
平成28年11月
福岡家庭裁判所長

所長としての抱負

 平成28年11月13日付で福岡家裁所長に就任しました。私は,山口県の瀬戸内で生まれ,高校生以降は関東地方での生活が長かったのですが,福岡での勤務は,直前の福岡高裁(民事部部総括・裁判長)での1年8か月と,同じく福岡高裁での平成12年4月から平成19年3月までの7年間の勤務(陪席裁判官と高裁事務局長)を併せて9年近くになり,福岡は,まさに「第二の故郷」となりました。活気に溢れ,大都会でありながら,歴史と伝統を持ち,自然も豊かで生活もしやすい福岡で執務をさせていただくことを有り難く思っています。
 ところで,家族をめぐる社会状況や国民の法意識の著しい変化を背景として,家族間の紛争が増え,家庭裁判所がその解決を求められる場面が増加しており,家庭裁判所は,適切な紛争解決を求める国民の信頼・期待に応えなければなりません。また,超高齢化社会を迎えて,成年後見制度の利用者は,ますます増加しており,後見人の不正等を防止するために監督すべき後見事件が累増することが予想されますが,これに対応して後見監督事務を適切に,かつ,効率的に行う必要があります。
 また,少年事件については,全体としては減少傾向が続いているものの,社会や家庭における少年に対する監護能力が低下している現状の下で,今後とも,再非行防止に向けた取組を着実に実行するとともに,少年の健全育成という少年法の理念を堅持しつつ,被害者等の方の心情に配慮しつつ各種の被害者配慮制度が円滑に利用できるよう努力しなければなりません。   
 家庭裁判所は,国民に身近な裁判所として,国民の負託に応え,全体的に,その紛争解決機能の質を一層高め,内容面においても手続面においても関係者の納得性を高めていくことが必要であると考えておりますが,このため福岡家裁の所長として裁判官,職員の力をまとめ,尽力していく所存です。皆さま,どうぞ宜しくお願いいたします。