上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 福島地方裁判所・福島家庭裁判所 > 福島地方裁判所・福島家庭裁判所について > 福島地方裁判所長


福島地方裁判所長

福島地方裁判所長 秋山  敬

秋山 敬(あきやま ひろし)

昭和32年1月22日生

ご挨拶

平成28年5月に福島地方裁判所長に着任いたしました。

東日本大震災で犠牲になられた方のご冥福をお祈りいたします。また,震災やその後の原発事故により被災して県内外に避難され,今もなお不自由な生活を余儀なくされている方々に対し,心よりお見舞い申し上げます。そして,復興のために尽力されている方々に敬意を表するとともに,一日も早い復興をお祈りいたします。

私は,平成2年から5年まで青森(八戸・十和田)の裁判所に勤務し,平成8年から11年まで秋田の裁判所に勤務したことがありますので,東北地方は3回目の勤務ということになります。

裁判所は,社会における紛争を解決し,人権を保護することによって,正義を実現する役割を担っています。国民の皆様にとって利用しやすいところであるとともに,裁判の内容も分かりやすいものになるよう努力してまいりたいと思います。
7年前に始まった裁判員制度は,裁判員・補充裁判員となった方々のご協力をいただきまして順調に運営されてきました。福島県では,今までに800人以上の方が裁判員・補充裁判員として参加されています。現代の社会において,国民の感覚を裁判の手続の中で生かしていくことはたいへん重要なことであると思います。
裁判所がその役割を十分に果たすことができるよう,職員一同努力してまいりますので,今後ともよろしくお願い申し上げます。

上の写真は,福島地方裁判所のシンボルツリーである梅の木です。裁判所庁舎2階の吹き抜けにあります。
福島県内の裁判所では,裁判所見学ツアーや手続説明会などの催しを行っています。
これらの機会などに是非裁判所にいらしてください。