上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 広島地方裁判所・広島家庭裁判所 > 広島地方裁判所について > 広島地方裁判所の紹介


広島地方裁判所の紹介

1. 広島地方裁判所について

 広島地方裁判所は,広島県一円を管轄区域とし,広島市に設置されているほか,呉市,尾道市,福山市及び三次市にそれぞれ支部が設置されています。また,広島県内の11箇所に簡易裁判所が設置されています。支部の所在地には,検察審査会が設置されています。

※ 地方裁判所や家庭裁判所の基礎的な情報は,裁判所ウェブサイトの裁判所の組織をご覧ください。

2. 組織図

  広島地方裁判所の組織は,裁判部(民事部・刑事部)と事務局があり,民事部は4箇部,(民事第4部は執行・破産を担当),刑事部が2箇部,事務局は3つの課で構成されています。また,支部は,4箇所に設置されています。

図:組織図

広島地方裁判所管内に11箇所の簡易裁判所が設置されています。

図:組織図

3. 職員数(平成29年4月現在)

広島地方裁判所の職員数
裁判所名 裁判官 一般職
地裁本庁
(本庁併置簡裁及び検審を含む。)
32 190 222
家裁本庁 7 98 105
地裁本庁及び家裁本庁を除く管内合計数 21 152 173
60 440 500

4. 名物紹介

-タイワンフウ編-

5.広島地方裁判所の沿革

● 明治9年(1876年)9月
 全国に地方裁判所がおかれ,岩国裁判所が山口,広島両県を管轄することになりました。

● 明治9年(1876)11月
 岩国裁判所を広島市に移し,「広島裁判所」と改称されました。

● 明治10年(1877年)6月
 広島裁判所が広島県庁内に開庁しました。

● 明治14年(1881年)10月
 広島裁判所の庁舎が広島市三川町に新築されました。

● 明治15年(1882年)1月
 地方裁判所は始審裁判所と改称され,広島裁判所は「広島始審裁判所」と改称されました。

● 明治23年(1890年)11月
 裁判所構成法により,広島始審裁判所は「広島地方裁判所」と改称されました。

● 昭和20年(1945年)8月6日
 原子爆弾の投下により,広島地方裁判所の庁舎は焼失し,以後,旧庁舎が新築されるまで,安芸郡府中町の国民学校,東洋工業株式会社などの建物を借り受けて執務を行っていました。

● 昭和24年(1949年)3月
 現在の場所(広島市中区)に広島地方裁判所の旧庁舎が完成しました。

● 昭和39年(1964年)3月
 庁舎を新営しました。その後,同62年に増改築を行い,現在の姿となりました。

※裁判所庁舎の北棟2階には資料展示コーナーがあります。
 江戸時代や明治時代の判決書,戦前に裁判官が着用していた法冠・法服など,裁判所の歴史を感じる資料が展示されています。

戦前の法廷で裁判官が着用することとされていた法冠・法服です。