上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 金沢地方裁判所・金沢家庭裁判所 > 金沢地方・家庭裁判所について > 広報活動 > ごぞんじですか!家事調停(平成28年11月10日開催)


ごぞんじですか!家事調停(平成28年11月10日開催)

「ごぞんじですか!家事調停」を開催しました

金沢地方・家庭裁判所は,模擬家事調停等を通じて,家事調停手続を広く一般に知ってもらうことを目的として,11月10日(木)に「法の日」週間広報行事「ごぞんじですか!家事調停」を開催しました。

家庭裁判所の役割説明

はじめに,家庭裁判所の裁判官から,家庭裁判所ではどのようなことを行っているのかについて説明がありました。家庭裁判所が扱う家庭内や親族間の紛争は,可能な限り,人間関係を損なわない円満な解決をすることが望まれるといった話がありました。

模擬家事調停

熟年離婚を題材に,裁判所職員が当事者や調停委員役等を演じ,家事調停の様子を再現しました。
普段は非公開の手続である家事調停がどのように行われているのか,実際の雰囲気を感じていただくことができたのではないでしょうか。

パネルディスカッション

実際に家庭裁判所で活躍している裁判官,家庭裁判所調査官,裁判所書記官の3人から,家事調停をテーマに仕事のやりがいや,印象に残っている出来事などについて話をしてもらいました。
裁判官からは,困難な事件を,調停委員とともに解決に持ち込めた場合には,大きな判決を書いたというのとはまた違うやりがいがあるといった話がありました。

参加者の声

参加者からは,調停の実演を見ることができたので,イメージしやすかった,裁判所を少し身近に感じることができたといったご意見をいただきました。
参加していただいたみなさん,ありがとうございました。