上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 金沢地方裁判所・金沢家庭裁判所 > 金沢地方・家庭裁判所について > 広報活動 > 秋の出前教室 やってみよう!裁判員(平成28年11月11日開催)


秋の出前教室 やってみよう!裁判員(平成28年11月11日開催)

「秋の出前教室 やってみよう!裁判員」を開催しました

金沢地方・家庭裁判所は模擬裁判員裁判を通じて,裁判手続について正しく理解してもらうことを目的として,11月11日(金)に石川県立大聖寺高校で「法の日」週間広報行事「秋の出前教室 やってみよう!裁判員」を開催しました。

裁判手続説明

はじめに,裁判官から裁判所ではどのようなことを行っているのかについて説明がありました。裁判官からは,裁判所の種類や取り扱う事件,裁判員制度についての話がありました。

模擬裁判員裁判

コンビニ強盗を題材に,生徒に裁判官や裁判員,弁護人役等を演じてもらい,模擬裁判員裁判を行いました。実際に役を演じることにより,刑事裁判についての理解が深まったのではないでしょうか。

評議

模擬裁判員裁判で審理を行った被告人が有罪か無罪かについて,班別に討議を行いました。裁判で取り調べた証拠や,証人尋問の結果を踏まえて,積極的な意見交換がなされていました。

評議結果発表

班別に評議結果を発表してもらいました。証拠不十分のため,被告人は無罪だと考える班が多くみられましたが,有罪だと考えた班も,被告人が犯行可能であるかどうかとの視点からよく検討されていました。

参加生徒の声

参加生徒からは,裁判はもっと難しいものだと思っていたけれども,思っていたよりもわかりやすかった,被告人が有罪か無罪か考えるのが大変だったけれど,楽しくて分かりやすかったといったご意見をいただきました。
参加していただいた大聖寺高校のみなさん,ありがとうございました。