上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 甲府地方裁判所・甲府家庭裁判所 > 甲府地方・家庭裁判所について > 甲府地方・家庭裁判所長


甲府地方・家庭裁判所長

甲府地方・家庭裁判所長 岡本 岳

甲府地方・家庭裁判所長

岡本 岳(おかもと がく)

(生年月日 昭和28年7月12日)

略歴

 昭和56年に裁判官に任官し,これまで東京,長野,川崎,名古屋,半田,松戸,札幌の裁判所などに勤務してきました。東京では専門訴訟を,支部である半田や松戸では様々な種類の事件を経験しました。また,裁判所職員の研修所では教官の仕事も担当しました。

ご挨拶

 山梨県で勤務するのは初めてですが,小学生の夏休みに山中湖で林間学校を体験したり,観光で富士五湖,忍野八海,昇仙峡などこれまで何回も訪れ,豊かな自然を楽しませていただきました。今回の赴任を機会に,さらに山梨の自然や文化に親しみたいと思っております。
 ところで,刑事裁判では8年目を迎える裁判員制度がしっかりと定着してきましたが,裁判員の負担面などの課題について更により良い運用を目指した取組が求められています。民事裁判では裁判所の判断の影響が大きい事件が目立つようになっており,判断理由がきちんと示されているかなど裁判の質の向上が求められるようになっています。また,家事事件では成年後見事件等への適切な対応が求められています。
 このような裁判所に期待されている使命にしっかりと応えられるよう,裁判所の態勢を整備し,県民の皆さんに質の高い司法サービスを提供するように努めてまいりたいと思っています。
 どうぞよろしくお願いいたします。