上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 甲府地方裁判所・甲府家庭裁判所 > 裁判手続きを利用する方へ > 手続案内 > 債権差押命令の申立てをされる方へ


債権差押命令の申立てをされる方へ

  1. 申立書を提出する裁判所について
     申立ての管轄の基準は,一般には債務者の住所(会社の場合は本店所在地)です。ただし,抵当権等の物上代位による申立ての場合は,不動産の所有者(賃貸人)の住所です。この住所が甲府市・甲州市・山梨市・韮崎市・南アルプス市・甲斐市・笛吹市・中央市・中巨摩郡・北杜市・北都留郡の内の丹波山村・南巨摩郡・西八代郡にあるものは,甲府地方裁判所に債権差押命令の申立てをすることができます。上記以外の山梨県内の市町村については都留支部の管轄となりますので,事前に確認してください。
  2. 申立書の作成について
     申立書は,A4判縦の用紙を用い,横書き,左とじで作成し,申立書と各目録の間に契印をした上,各ページの上部余白に捨印を押してください。また,申立書には,担当者の氏名と電話番号を記載してください。
    なお,債権者,債務者等の現住所が債務名義上や不動産登記簿上の住所と異なるときは,その両方を併記し,そのつながりを住民票,戸籍附票,商業登記簿謄本等で証明してください。
  3. 申立手数料,予納郵便切手及び目録の部数について
     申立ての手数料(収入印紙)は,原則として,1件4000円です。ただし,債務名義の数と当事者の数又は担保権の数によって変わります。
     予納郵便切手及び各目録の部数については,裁判所にお問い合わせください。
  4. 陳述催告の申立てについて
     陳述催告の申立て(第三債務者に対し,差押債権の有無やその額等についての回答を求める申立て)をする場合は,債権差押命令,債権差押及び転付命令の申立てと同時にしてください。
  5. 封筒のあて名書きについて
     長型3号の封筒(定型郵便封筒の一番大きいもの)に,債権者(2通),債務者及び第三債務者(各1通)のあて名書きをして提出してください。陳述催告の申立てをされる場合は,債権者あての封筒を第三債務者の数だけ加えてください。
  6. 資格証明書等について
     資格証明書,商業登記簿謄本,不動産登記簿謄本等は,その認証日が申立日からさかのぼって1ヶ月以内のものを提出してください。
  7. 送達通知について
     債務者及び第三債務者に対する差押命令等の送達通知又は不送達通知については,その旨の通知書を,申立ての際に提出された封筒で送付します。
  8. 差押債権の取立てについて
     債務者に債権差押命令が送達された日から1週間経過したときは,取立権が発生し,債権者は,その差押債権を取り立てることができます。取立ては,裁判所から送達通知書を受領し,取立権が発生していることの確認後に行ってください。取立ての方法については,債権者が第三債務者と直接連絡をとってください。
  9. その他
     第三債務者から支払を受けたときは,取り立てた額にかかわらず,必ず取立届を裁判所に提出してください。また,取立てが完了したときは,必ず取立完了届を提出してください。
      差押えの必要がなくなったとき(例えば,差押債権が存在していなかった場合,第三債務者から差押債権を取り立てたが差押債権額に満たないまま取立不能になった場合,債務者から任意弁済を受けた場合等)は,必ず取下書を提出してください。

甲府地方裁判所民事部執行係
 郵便番号400-0032 甲府市中央1-10-7
 TEL 055-213-2530(執行受付係)