上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 京都地方裁判所・京都家庭裁判所 > 京都地方裁判所について > 京都地方裁判所長


京都地方裁判所長

京都地方裁判所長 小西義博

京都地方裁判所長

小西義博(こにしよしひろ)

生年月日 昭和31年5月18日

昭和61年4月
横浜地裁判事補

 その後,岡山地裁,東京地裁,新潟地家裁佐渡支部,公害等調整委員会で勤務
平成15年4月
大阪高裁判事
平成16年9月
大阪地裁判事
平成19年4月
大阪地裁判事(部総括)
平成23年4月
神戸地裁判事(部総括)
平成25年8月
神戸地家裁姫路支部長
平成28年1月
山口地方・家庭裁判所長
平成29年4月
奈良地方・家庭裁判所長
平成30年11月
京都地方裁判所長(11月14日付け)

ご挨拶

 平成30年11月14日付けで京都地方裁判所長に就任しました。

 長い歴史と豊かな伝統,高い文化をもつ京都で勤務することができ,大変うれしく,また,光栄に思っています。

 民事裁判では,近年の社会経済状況の急速な変化や価値観の多様化等を反映して,複雑困難な事件が増えている中で,適正かつ迅速に,納得性の高い解決を図っていくことが求められています。また,刑事の裁判員制度が来年5月で10周年を迎えますが,これを機に,改めて,審理の在り方を工夫する取組や裁判員として参加することについて皆様が積極的な気持ちになっていただけるように説明していく取組が必要です。さらに,裁判所では,訴訟だけでなく,話し合いで解決する調停といった簡易で利用しやすい手続も整えており,その利用促進の取組も必要です。京都府内には,京都地裁本庁(京都簡裁)のほかに,4つの支部(簡裁)や7つの独立簡裁がありますが,いずれにおいても,訴訟や調停を通じて,分かり易く,納得できる,信頼できる,そして利用しやすい裁判所となるよう,所長として,できる限りのバックアップをしていきたいと考えていますので,どうぞよろしくお願いいたします。