上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 水戸地方裁判所・水戸家庭裁判所 > 水戸地方裁判所について > 水戸地方裁判所長


水戸地方裁判所長

水戸地方裁判所長

中村 愼(なかむら まこと)

昭和36年9月12日生

略歴

昭和63年に判事補に任命され,東京地裁判事補,大阪地裁判事補及び最高裁調査官として主に民事事件を担当したほか,最高裁人事局や同総務局において司法行政事務を,外務省条約局や国際連合日本政府代表部において条約の締結作業等を担当しました。近年の経歴は次のとおりです。

平成19年 7月 東京高裁判事
平成21年 4月 東京地裁判事
平成22年 9月 最高裁秘書課長兼広報課長
平成24年12月 東京地裁判事(部総括)
平成25年 9月 最高裁総務局長

ごあいさつ

 平成30年9月10日付けで,水戸地方裁判所長に就任しました。
 茨城県に勤務するのは初めてですが,身近に歴史を感じることのできる水戸市,自然が豊かで海や山の幸などに恵まれた茨城県に勤務できることを,大変嬉しく光栄に思っています。
 裁判所の責務は,一件一件の事件に誠実に対応し,質の高い司法サービスを提供することによって,国民の権利の擁護と法秩序の維持を図り,国民の皆様から信頼されることであると思います。
 水戸地方裁判所管内には,地方裁判所本庁のほか5つの支部,12の簡易裁判所が置かれています。これら本庁及び各支部並びに各簡易裁判所の営みを通じて,地域ごとの特徴と実情を踏まえつつ均質な司法サービスを提供し,茨城県の皆様に,身近で頼りがいがある裁判所を実感いただけるよう,職員一同,日々誠実に職務に取り組んでいきたいと考えています。
 裁判員制度は,来年5月に施行10周年を迎えます。県民の皆様の御理解と御協力を得て,これまでおおむね順調に運営されているところですが,引き続き,県民の皆様が安心して参加いただけるよう,運営の工夫に努めてまいります。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。