上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 宮崎地方裁判所・宮崎家庭裁判所 > 宮崎地方裁判所・宮崎家庭裁判所について > 宮崎地方・家庭裁判所長


宮崎地方・家庭裁判所長

永井裕之(ながい ひろゆき)

生年月日 昭和33年10月17日

これまでの略歴

 昭和61年4月に浦和地方裁判所判事補に任官してから,福岡の久留米支部,札幌,大阪,熊本,岡山,福岡で勤務し,平成27年4月から大阪家庭裁判所部総括判事でした。主に民事事件を担当してきましたが,近年は,家事事件を担当する機会が多くなりました。

着任のご挨拶

 平成30年1月2日付けで宮崎地方・家庭裁判所長に就任しました。宮崎には初めて勤務することになりますが,自然に恵まれた穏やかな土地柄と聴いておりました。宮崎に住み始めて間もないですが,静かで親切な人が多く,暮らしやすいと感じています。
 管内の裁判所の職員もひとりひとりが真面目に仕事に取り組んでいるという印象です。
 多くの人々にとって,裁判所は,日々の生活の中で決して身近なものではないと思いますが,裁判所と関わりをもつことになった人々にとって,わかりやすく,対応する職員が親切だと感じてもらえるような裁判所でありたいと考えています。そのためには,裁判所全体で日々の仕事のやり方を見直して,より良いものに改めていくよう努めていかなければなりません。皆さまには,今後,これまで以上に裁判所に関心を持っていただいて,応援していただきますようお願いいたします。