上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 長崎地方裁判所・長崎家庭裁判所・長崎県内の簡易裁判所 > 長崎地方裁判所・長崎家庭裁判所について > 長崎地方裁判所長


長崎地方・家庭裁判所長

長崎地方裁判所長

田口 直樹(たぐち なおき)
(生年月日 昭和33年11月1日)

略歴

 昭和60年4月に裁判官に任官し、大阪、長崎、松本、宮崎、神戸、延岡、福岡、小倉の裁判所で勤務しました。その後、福岡地裁部総括判事、大阪地裁部総括判事、福岡地裁部総括判事、福岡地家裁小倉支部長を経て、平成30年11月14日付けで長崎地方・家庭裁判所長に就任しました。

ご挨拶

 長崎には、昭和62年4月から平成2年3月まで勤務し、この度30年ぶりに帰ってきました。長崎の街の発展した姿に時の流れを感じつつ、路面電車や昔ながらの街並みを見つけて懐かしさも覚えています。出身は静岡県ですが、裁判官として3分の2以上の期間を九州の裁判所で勤務しており、その出発点の長崎は第2の故郷と思っています。
 裁判所は、適正・迅速な裁判を通じて、国民の皆様に身近で頼りがいのある司法サービスを提供することが役割であると考えています。民事裁判においては、民事裁判手続のIT化の検討を進めてまいります。刑事裁判では、10周年を迎える裁判員制度に国民の皆様がより一層参加いただけるよう取り組んでまいります。簡易裁判所では、身近な裁判所としての役割を果たすよう努めてまいります。家庭裁判所では、家事調停などの裁判所における解決機能の充実に努めるとともに、高齢化社会を支える成年後見制度の運用について市町村や関係団体などとの連携を図り,裁判所としての役割を果たしてまいります。未来の宝である少年の再非行防止にも努めてまいります。時代の変化に対応し,国民の皆様の期待に応えるべく、当管内の裁判所の態勢や環境の整備にしっかりと取り組んでいきたいと思います。
 どうぞよろしくお願いいたします。