上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 名古屋地方裁判所 > 名古屋地方裁判所について > 広報活動 > 「なごや出張裁判所」を開催しました


「なごや出張裁判所」を開催しました

 平成28年11月下旬から平成29年2月上旬にかけ,名古屋市内の小学校(8校)にお邪魔して「なごや出張裁判所」を開催しました。

「なごや出張裁判所」とは

 この企画は,裁判官や裁判所職員が市内の小学校に出張し,未来の裁判員制度を担う子どもたちに,模擬裁判員裁判や裁判官への質問コーナー等を通して,裁判所を身近に感じてもらうために実施しているものです。

 本年度は,上名古屋小学校(H28.11.30),本地丘小学校(H28.12.7),松原小学校(H28.12.14),春日野小学校(H29.1.11),太子小学校(H29.1.18),味鋺小学校(H29.1.25),香流小学校(H29.2.1)及び上野小学校(H29.2.8)にお伺いして,6年生の子どもたちに「なごや出張裁判所」を体験してもらいました。いずれの小学校の子どもたちも,それぞれの個性を発揮して,とても熱心に取り組んでくれました。
 子どもたちのやる気と先生方の熱意に助けられ,素晴らしい企画になりました。
 今回は,太子小学校,味鋺小学校,香流小学校及び上野小学校での様子を御紹介します。

当日の様子

裁判官の説明を子どもたちの様子

【裁判官の説明を聞く子どもたちの様子:味鋺小学校】

裁判官が,子どもたちに分かりやすいように,身近な出来事を題材にするなどして,裁判所の役割や裁判手続についての説明をしました。子どもたちは,メモを取りながら,裁判官の説明を熱心に聞いていました。

模擬裁判の様子

【模擬裁判員裁判の様子:香流小学校】

子どもたちは,裁判員裁判の台本に基づいて,それぞれの役を演じました。緊張した面持ちながらも,真剣に取り組み,本物の裁判のような厳格な雰囲気が会場全体を包み込みました。

評議の様子

【評議の様子:太子小学校】

子どもたちは,裁判官のアドバイスも参考にしながら,判決の内容について,みんなで考え,意見を出し合いました。そして,最後に子どもたち全員の意見に基づいて,判決の内容が決定され,判決宣告がなされました。

裁判官への質問の様子

【裁判官への質問コーナーの様子:上野小学校】

裁判官に対して,多くの子どもたちが積極的に質問をしてくれました。
刑事裁判に関するものから志望動機,普段の仕事に関するものまで,様々な質問が寄せられ,子どもたちが裁判官を身近に感じる様子が伺えました。

(終わりに)

今回の企画に参加した子どもたちからは,「裁判所を身近に感じることができた」,「裁判官へのイメージが厳しく怖いというものから,明るく優しいというものに変わった」,「裁判についてもっと知りたい」,「実際の裁判を傍聴してみたい」,「裁判官になりたい」,「裁判員として裁判に参加したい」といった感想が多く寄せられました。裁判所を身近に感じていただけたのであれば,これほど嬉しいことありません。
 来年度も一層,この企画を充実したものにしていきたいと思います。

感想文「なごや出張裁判所を体験して」の掲示について

 また,参加した子どもたちに「なごや出張裁判所」を体験して感じたことについて,感想文を書いてもらいました。

 その中から特に印象深かった作品には「名古屋地方裁判所長賞」を授与し,名古屋高等・地方裁判所合同庁舎1階ロビーに掲示しております。