上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 那覇地方裁判所・那覇家庭裁判所・沖縄県内の簡易裁判所 > 那覇地方裁判所・那覇家庭裁判所について > 那覇地方裁判所長


那覇地方裁判所長

那覇地方裁判所長

那覇地方裁判所長

矢 尾   渉(やお わたる)

(生年月日 昭和35年9月16日生)

略歴

 昭和60年に東京地方裁判所判事補に任官し,東京,横浜,名古屋,札幌の各地裁等で勤務した後,東京,大阪の両地裁で裁判長を務めました。平成27年8月に家庭裁判所長として沖縄に赴任し,平成29年4月19日に那覇地方裁判所長に就任しました。

ごあいさつ

 沖縄に赴任してから,離島を含む県内各地を巡り,豊かな自然を体験し,伝統の文化や行事に接し,貴重な史跡を訪れてきました。地方裁判所長として,引き続きこの地に暮らし,勤務できるのを大変うれしく思っています。

 社会の変化や科学技術の発展に伴って,裁判所に持ち込まれる民事訴訟等が複雑困難の度合いを増し,司法に対する要請や期待も一層多様化しており,その役割はますます重要になってきていると感じています。裁判所には,これらの民事紛争について,当事者の言い分をしっかりと受け止めた上で,適正かつ迅速に対応し,より説得力のある質の高い解決を提供することが求められています。

 刑事の分野では,裁判員裁判は,国民の皆様方のご理解とご協力の下,裁判員の方々の高い意識と誠実な姿勢に支えられて,おおむね安定した運用が行われてきたものと理解していますが,裁判員候補者の出席率の低下傾向など,なお検討すべき課題も残されています。県民の皆様が,過度の負担を感じることなく,安心して裁判員裁判に参加していただけるよう,更に工夫を重ねる余地があると思います。

 裁判所が国民の皆様にとって身近で信頼される組織であり続けるために,所長として,裁判手続を利用しこれに参加する方々の視点に重きを置き,裁判官をはじめとする職員が一つ一つの事件に誠実に向き合い,的確な裁判ができるように環境を整備し,より質の高い司法サービスを提供する体制を築いていきたいと考えています。これからも皆様のご支援とご協力をいただけますよう,よろしくお願い申し上げます。