上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 新潟地方裁判所・新潟家庭裁判所  > 新潟地方裁判所・新潟家庭裁判所について > 新潟地方裁判所長


新潟地方裁判所長

新潟地方裁判所長 大野 勝則

新潟地方裁判所長

大野 勝則(おおの かつのり)

(生年月日 昭和33年12月12日生)

略歴

 昭和62年4月に東京地裁判事補として裁判官に任官し,その後,横浜,京都,仙台,那覇等の裁判所で勤務しました。
 近年の経歴は,次のとおりです。

平成15年4月
最高裁調査官
平成19年4月
千葉地裁判事
平成22年4月
東京高裁判事
平成24年8月
東京地裁判事部総括

御挨拶

 平成30年8月30日付けで新潟地方裁判所長に着任いたしました。新潟での勤務は初めてです。広大な県内の各所を訪れ,様々な自然や文化に触れることを楽しみにしています。

 さて,裁判の実情を見ますと,民事事件は,社会の多様化等が原因で,複雑困難な案件が多くなっていますが,適正で妥当な解決を早急に図れるように努力したいと考えています。刑事事件は,裁判員裁判が制度施行10年目を迎え,おおむね順調に運営されているとの評価をいただいてはいますが,皆様が安心して参加できるよう,また,より分かりやすく,裁判員となられた皆様と裁判官との協働が実質的なものとなるよう,改善を図っていきたいと思います。また,新潟県内には,本庁のほか,多くの支部,簡裁がありますが,連携を密にし,皆様がどこでも利用しやすい裁判所であることを目標にして,職員とともに力を尽くしてまいりたいと考えています。

 どうぞよろしくお願いいたします。