上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 大分地方裁判所・大分家庭裁判所・大分県内の簡易裁判所 > 大分地方裁判所・大分家庭裁判所について > 大分地方・家庭裁判所長


大分地方・家庭裁判所長

大分地方・家庭裁判所長 岩坪朗彦

大分地方・家庭裁判所長

岩坪朗彦(いわつぼ あきひこ)

昭和34年12月27日生

略歴

昭和59年4月  司法修習生(東京)

昭和61年4月  東京地裁判事補

平成元年7月  最高裁行政局付

平成3年4月  運輸省地域交通局交通計画課補佐官

平成3年7月  運輸省鉄道局業務課補佐官

平成5年4月  広島地裁判事補

平成8年4月  千葉地家裁判事

平成11年4月  法務省訟務局付

平成13年1月  法務省大臣官房民事訟務課付

平成14年4月  広島高裁岡山支部判事

平成18年4月  さいたま地家裁判事

平成21年4月  東京高裁判事

平成24年3月  宇都宮地家裁判事(部総括)

平成27年4月  東京高裁判事

平成27年6月  千葉地裁判事(部総括)

平成28年7月  前橋地家裁高崎支部判事(支部長)

平成30年12月  大分地家裁所長

所長挨拶                                 

 私は,平成30年12月27日付けで,大分地方・家庭裁判所長を拝命しました岩坪朗彦と申します。
 生まれは広島県ですが,父親の仕事の関係で,山口,愛媛,千葉,東京と引っ越しを重ねました。昭和58年に司法試験に合格し,東京での実務修習を経て,昭和61年に東京地裁判事補に任官した後,最高裁,広島地裁,広島高裁岡山支部などで勤務し,主に民事事件を担当してきました。その間,アメリカ西海岸のシアトルに留学し,運輸省(現在の国土交通省)や法務省に出向したこともあります。
 ここ十数年は,さいたま地裁,東京高裁,宇都宮地裁,千葉地裁,そして前橋地家裁高崎支部と,関東地方のあちらこちらの裁判所を巡ってきました。
 大分県を含め,九州での勤務は初めてですが,豊かな歴史と自然環境,そして美味しい食べ物に恵まれた大分の地で勤務できることを光栄に思っています。
 趣味は読書と卓球です。ここしばらく,電車での遠距離通勤が続いたこともあって,通勤時間がそのまま読書時間となっていました。卓球は,学生時代にやっていましたが,その当時,日本ではあまりメジャーなスポーツではありませんでした。しかし,最近の日本の若い選手たちの活躍にはめざましいものがあり,次の東京五輪が楽しみです。
 裁判の本質は,正義を実現することにあります。その大前提として,的確に整理して選び出した証拠に基づいて,正しく事実を認定することが大切であり,このことは民事事件,刑事事件,家事事件のいずれについてもあてはまると思います。
 裁判所に対する国民・県民の皆さんのご期待にお応えして,質の高い充実した裁判を提供することができるよう,全力を尽くしたいと考えております。どうかよろしくお願いいたします。