上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 岡山地方裁判所・岡山家庭裁判所 > 岡山地方裁判所・岡山家庭裁判所について > 岡山地方裁判所長


岡山地方裁判所長

写真:岡山地方裁判所長

岡山地方裁判所長

生野考司 (いくの こうじ)

昭和32年8月19日生まれ

略歴

  
   昭和58年4月に裁判官に任官し,大阪地裁,釧路地家裁,東京地裁,最高裁人事局,農林水産省構造改善局,名古屋地裁,東京地裁,最高裁調査官,東京地裁,札幌地裁(部総括),東京高裁,東京地裁(部総括),国税不服審判所(所長),東京高裁,広島家裁(所長),広島高裁(部総括)に勤務

ごあいさつ

   平成30年10月6日付で岡山地方裁判所長に就任しました生野です。どうぞよろしくお願いします。
   初任は,大阪地方裁判所であり,その後は釧路,東京,名古屋,札幌,広島で勤務し,主として民事事件を担当してきました。前任庁は広島高等裁判所で,民事の控訴事件等を担当していました。同じ広島高等裁判所の管内ですが,岡山で仕事をするのは初めてです。
   裁判所は,法の支配の実現,権利の救済,法秩序の維持,法的利益の擁護等を使命とする司法権を担う機関であり,手続を積み重ねた上で法的紛争の解決を図るフォーラムです。裁判官,書記官,事務官,家庭裁判所調査官などの裁判所の各職種の職員のみならず,刑事事件では,国民の中から選出された裁判員の皆さま,民事や家事の事件では,専門委員,調停委員,司法委員,参与員等市民の皆さまと共に各種の手続を遂行し,その職責を担っています。
   岡山の地域に根差し,より一層国民の信頼に応えられる裁判所になるよう,尽力したいと思っています。今後とも,皆さまのご理解,ご支援を賜りますよう,よろしくお願いします。