上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所 > 裁判手続を利用する方へ > 大阪地裁第6民事部(倒産部)にようこそ! > 1. どうしても借金が払えなくて困り果てています。この際何らかの手続をとりたいと思うのですが,どのような方法がありますか?


1. どうしても借金が払えなくて困り果てています。この際何らかの手続をとりたいと思うのですが,どのような方法がありますか?

 クレジットカードやローン,サラ金などでたくさん借金を作り,支払ができなくなってしまったとか,リストラされたために,今までのようには住宅ローンが払えなくなってしまったという場合,いったいどうしたらよいでしょうか。

 そのような場合に,裁判所を利用することによって借金(債務)を整理するための法的な手続としては,(1)特定調停,(2)破産(同時廃止型),(3)破産(管財型),(4)個人再生があります。なお,「任意整理」といって,裁判所を利用することなく,自分が頼んだ弁護士が個別に債権者と交渉し,話し合いで解決するという方法もあります。

 これらの債務整理手続がどういう場合に使えるか,その場合に借金はどうなるのか,といった特徴や違いについては,こちらの表1(手続対比一覧表)(PDF:78KB)をごらんください。