上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所 > 裁判手続を利用する方へ > 民事調停の紹介 ~話合いで円満な解決を~ > 3.調停係(1係から6係まであり,各事件ごとに担当係が分かれています。)(別館3階)


3. 調停係(1係から6係まであり,各事件ごとに担当係が分かれています。)(別館3階)

調停係

 調停受付係において受付事務が終わった後,事件が終了するまでの間の調停事件について,手続全般を担当しています。調停事件の申立人または相手方になられた方が,新たに書類を提出される場合や調停期日についての問い合わせをされる場合などにつきましては,調停係にお問い 合わせください。なお,お問い合わせをされる際には,係担当者からどの事件かを特定するため裁判所の事件番号,次回調停期日,担当書記官名などをお尋ねしますので,あらかじめご確認ください。

民事調停委員の関与

 民事調停委員は,社会生活上の豊富な知識経験や専門的な知識を持つ人から選ばれます。民事調停事件は争いの種類が様々あり,通常は社会生活上の豊富な知識経験を持つ人を民事調停委員に選任していますが,特に専門分野に関する事件については専門的な知識が必要とされますので,専門的な知識を持つ人を調停委員に選任するよう努めています。大阪簡易裁判所には次のような専門分野の専門家の民事調停委員がいます。

  • 弁護士
  • 医師
  • 建築士
  • 不動産鑑定士
  • 土地家屋調査士
  • 弁理士
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 社会保険労務士

調停手続の終了

 申立人と相手方の双方から言い分を聴くなどした後,調停委員会において法律的な評価をもとに条理に基づいた解決案を双方に提示するなどして,最終的に合意に至るかどうか双方が判断するということになります。

  1. 双方が合意に至れば,調停成立となり,合意した内容を調停条項としてまとめたうえ,調停調書を作成します。なお,相手方から金銭を支払ってもらう内容の合意ができたにも関わらず,相手方がそのとおり支払ってくれない場合,申立人としては相手方の財産に対し強制執行(ページ下の※1参照)(給料や銀行預金の差押さえなど)の申立てをすることをお考えいただくことになります。
  2. 合意に至らなかった場合は,調停不成立(ページ下の※2参照)となります。
  3. 例えば,調停期日に一方当事者だけが出席し,他方側当事者は欠席したが,あらかじめ双方の間で何らかの合意に至っている場合,合意した内容をもとに調停に 代わる決定をすることがあります。この決定に対しては,当事者双方は告知を受けてから2週間以内に異議の申立てをすることができ,もし当事者の一方あるいは双方から異議の申立てがあると,この決定は効力を失うことになります。2週間以内に異議の申立てがなければ,この決定は調停が成立したのと同じ効力を持つことになります。

※1 強制執行(給料や銀行預金の差押さえなど)

 調停が成立し,調停条項中に金銭を支払う内容の条項(例えば「相手方は,申立人に対し,平成○○年○月○○日限り,金○○万円を支払う。」)があるにもかかわらず,相手方が約束どおり金銭を支払ってくれない場合,申立人としては相手方の財産に対し強制執行(相手方の給料や銀行預金の差押さえなど)をすることをお考えいただくことになります。

 強制執行手続についての説明につきましては,強制執行手続を担当している係に別途お問い合わせいただくことになります(お問い合わせ先は所在地の一覧表を参照してください。)が,強制執行の申立てをする前提として,調停調書正本(あるいは調停に代わる決定正本)に基づいて強制執行手続を行う際には執行文と送達証明書が必要となります。それらの書類を取得するには,執行文付与申請書と送達証明書申請書を作成のうえ,調停調書正本(あるいは調停に代わる決定正 本)を添えて申請していただくことになります(申請書の書式は裁判所に備え付けてあります。なお申請する際には手数料がかかります。)ので,詳しくは大阪簡易裁判所記録係にお問い合わせください。

※2 調停不成立

 調停事件が不成立で終了した後,同じ相手方に対し同じ内容の訴えを提起する場合,調停事件の不成立証明書を取得して,それを不成立後2週間以内に訴状とともに訴訟の受付係に提出すると,調停を申し立てた際の手数料が訴えを提起する際に必要な手数料から控除される場合があります(控除されるのは収入印紙代のみです。郵便切手代は控除されません。)。不成立証明書を取得するには,不成立証明申請書を作成のうえ申請していただくことになります(申請書の書式は裁判所に備え付けてあります。なお申請する際には手数料がかかります。)ので,詳しくは調停係(調停1係から調停6係のうち,不成立となった事件を担当していた係)にお問い合わせください。