上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所 > 裁判手続を利用する方へ > 執行部(第14民事部)について > ローン制度の利用


ローン制度の利用

 競売不動産を担保にした買受人のためのローン制度(民事執行法第82条2項)は,一般の不動産売買で通常同時に行われる所有権移転と担保権(抵当権・根抵当権)設定が競売不動産を買い受けるときにもできるようにする制度です。
 この制度を利用することにより買受人が売却代金を金融機関から融資を受けて裁判所に支払い,その融資額を金融機関にローン返済することができるようになりますが,裁判所が金融機関を紹介するものではありません。
 入札申込み後に最高価買受人となられ,売却許可決定が確定し代金納付期限通知書を受領後に,下記の要領により代金納付をしてください。

1. 申出する際に提出する書類

  1. 申出書及び指定書
    買受人と担保権者とが連名で作成したもので,登記嘱託書の交付を受けられる者は弁護士または司法書士です。
      (買受人については入札印または実印(印鑑登録証明書添付),担保権者 については,実印で作成したものに限ります)
    ・申出書書式(ワード:25KB,PDF:14KB)
    ・指定書書式(ワード:25KB,PDF:12KB)
  2. (根)抵当権設定契約書写し
  3. 担保権者が法人の場合には資格証明書及び印鑑登録証明書
  4. 買受人の住所証明書(個人の場合は住民票,法人の場合は資格証明書)
  5. 固定資産評価証明書
  6. 最新の不動産登記事項証明書
  7. 郵便切手(522円,1082円)及び登録免許税(代金納付日でも提出可)

2. 登記嘱託書を受領時に持参する書類等

  1. 入札印または実印
  2. 売却残代金領収証書
  3. 受領書(嘱託書交付の際に身分確認をさせていただきます)
    ・受領書書式(ワード:13KB,PDF:60KB)
  4. 届出書
    当該登記所に登記嘱託書を提出後,裁判所に提出してください。
    ※ 裁判所に入札印を持参できない場合または代金納付日に買受人が裁判所に来なくてもよい方法として預かり証による取扱いがありますのでご利用ください。
    ・届出書書式(ワード:12KB,PDF:40KB)
    ・預かり証書式(ワード:21KB,PDF:8KB)

3. 登記嘱託書の交付時期について

 上記1の申出書等を,代金納付予定日を確定した上で,その4営業日前(土・日曜日,祝祭日その他裁判所の休日は算入しません)までに裁判所に提出してください。代金納付時に登記嘱託書を指定を受けた弁護士または司法書士に交付します。