上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 大津地方裁判所・大津家庭裁判所・滋賀県内の簡易裁判所 > 大津地方・家庭裁判所について > 大津地方・家庭裁判所所長の紹介


大津地方・家庭裁判所長の紹介

 大津地方・家庭裁判所長 西川知一郎

大津地方・家庭裁判所長

西 川 知一郎(にしかわ ともいちろう)

生年月日 昭和35年4月22日生

略歴

  

昭和60年 4月 東京地方裁判所判事補
         その後,最高裁判所行政局,福岡地方・家庭裁判所,東京地方裁判所で勤務

平成 8年 4月 最高裁判所調査官

平成13年 4月 大阪地方裁判所判事・大阪高等裁判所判事(職務代行)

平成14年 4月 大阪高等裁判所判事

平成15年11月 大阪地方裁判所判事

平成18年 4月 大阪地方裁判所判事(部総括)

平成23年 4月 大阪国税不服審判所長

平成25年 4月 大阪地方裁判所判事(部総括)

平成26年 8月 神戸地方・家庭裁判所尼崎支部長

平成27年 9月 福岡高等裁判所宮崎支部判事(部総括)

平成30年 5月 大津地方・家庭裁判所長(5月5日付け)

挨拶

 5月5日付けで大津地方・家庭裁判所長を命ぜられました西川知一郎と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 近年の社会経済情勢の急速な変化や価値観の多様化の進展を反映して,裁判所が取り扱う事件も複雑化,多様化する中で,適正かつ迅速な解決を求める国民の裁判所に対する期待が一層増してきているように思われ,裁判所として,裁判実務の運用面において不断の検証を重ねつつ,個別事件の解決に真摯に取り組むことを通じて,裁判の質の一層の向上を図っていく責務を感じております。間もなく施行後9年を迎える裁判員裁判につきましても,これまで積み重ねられた経験を踏まえ,より一層国民の皆様のご理解を得られるような運用の確立に向けて,改善の努力を続けてまいりたいと考えております。また,成年後見制度をより身近で利用しやすいものとするための運用の改善の努力も必要であると考えております。
 私は,関西で生まれ育った者ですが,大津の地で勤務し,生活するのは初めてです。滋賀県は,豊かな自然に恵まれ,各所に歴史遺産,文化遺産が数多く存在し,穏やかな風土の素晴らしい土地であると改めて感じております。このような土地で勤務する機会に恵まれましたことを有り難く受け止めまして,私なりに精一杯努めてまいりたいと思いますので,よろしくお願い申し上げます。