右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 家事事件Q&A > 後見制度支援信託を利用する場合の家庭裁判所の後見監督はどうなりますか。


裁判手続 家事事件Q&A

第11 成年後見に関する問題

Q.後見制度支援信託を利用する場合の家庭裁判所の後見監督はどうなりますか。

A.後見制度支援信託を利用する場合も,家庭裁判所は,事案に応じて必要な後見監督を行います。
 家庭裁判所からいつ報告を求められても対応できるように,収支を帳簿につけたり,領収書や信託銀行等から送付される報告書を保管したりするとともに,被後見人の心身の状態や生活の状況を定期的に記録するようにしておいてください。