右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 刑事事件Q&A > 被害者等による意見の陳述とはどのようなものですか。


裁判手続 刑事事件Q&A

Q. 被害者等による意見の陳述とはどのようなものですか。

A. 被害者等は,希望する場合には,被害感情その他の事件に関する意見を法廷で述べることができます。この意見陳述により,被害者等は一定の範囲で刑事裁判に主体的に関与することができ,また,被告人に被害感情や被害の実態を十分に認識させることになれば,その反省や立ち直りにも役立つ場合があると考えられます。