右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 民事事件Q&A > 不動産が競売手続により売却された場合はどうなるのですか。


裁判手続 民事事件Q&A

第2 その他の民事事件とその手続

2 民事執行手続

(2)不動産執行手続

Q. 不動産が競売手続により売却された場合はどうなるのですか。

A. 競売手続により売却され,新しい所有者に所有権が移転したときは,債務者(所有者)が不動産の所有権を喪失し,不動産の全ての抵当権が消滅するため,収益執行の手続は取り消され,終了します。