右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 民事事件Q&A > 労働審判手続では,話合いによる解決(調停)はどのように行われるのですか。


裁判手続 民事事件Q&A

第2 その他の民事事件とその手続

1 労働審判手続

(2)労働審判手続の審理等

Q. 労働審判手続では,話合いによる解決(調停)はどのように行われるのですか。

A. 労働審判手続期日に,申立てに係る紛争について,当事者間の権利関係に関する審理が行われますが,当事者間の話合いによる解決の見込みがあれば,いつでも調停が試みられます。当事者が合意に達すれば,調停により,その紛争を円満に解決することができます。
 調停による解決ができなかった場合に,労働審判委員会は,労働審判を行うことになります。