右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 民事事件Q&A > 労働審判が行われるのは,どのような場合ですか。また,その内容は,どのようなものですか。


裁判手続 民事事件Q&A

第2 その他の民事事件とその手続

1 労働審判手続

(3) 労働審判手続の終了等

Q. 労働審判が行われるのは,どのような場合ですか。また,その内容は,どのようなものですか。

A. 労働審判手続期日において,事件の審理を行ったものの,調停による解決ができなかったとき,労働審判委員会は,審理の結果認められる当事者間の権利関係や手続の中で現れた諸事情を踏まえ,事案の実情に即した解決をするために必要な労働審判を行います。
 労働審判においては,労働審判員の専門的な知見を活用しつつ,柔軟で調整的な解決を図ることもできます。例えば,労働審判委員会は,審理の結果,事業主のした解雇が無効であると判断した場合であっても,事案によっては,事業主が労働者に対し相当額の解決金を支払って労働契約を終了させるといった内容の労働審判を行うこともできます。