右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 少年事件Q&A > どういう場合に観護措置がとられるのですか。


裁判手続 少年事件Q&A

第1 少年審判とその手続

2 事件の受理

Q. どういう場合に観護措置がとられるのですか。

A. 法律上は「審判を行うため必要があるとき」とされており,具体的な事案に応じて裁判官が決めます。少年鑑別所で少年の心身の状況等の検査をする必要がある場合のほか,一般的には,少年が調査,審判などに出頭しないおそれのある場合や暴走族等の悪影響から保護する必要がある場合などに観護措置がとられることが多いようです。