右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 少年事件Q&A > 少年が非行がないと主張している場合はどうなるのですか。


裁判手続 少年事件Q&A

第1 少年審判とその手続

4 審判

Q. 少年が非行がないと主張している場合はどうなるのですか。

A. 少年が,非行がないと主張している場合には,証人尋問,鑑定,検証などの証拠調べが行われることもあります。この証拠調べは家庭裁判所の職権で行われ,その方法や範囲などは家庭裁判所の合理的な裁量に委ねられています。
 その結果,非行事実があったと認められない場合には,非行がないことを理由として不処分決定がされます。