右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 少年事件Q&A > どのような場合に抗告ができるのですか。


裁判手続 少年事件Q&A

第1 少年審判とその手続

9 抗告

Q. どのような場合に抗告ができるのですか。

A. 法律上は,決定に影響を及ぼす法令違反,重大な事実の誤認又は処分の著しい不当を理由とするときとされています。つまり,家庭裁判所の審判の手続が法律に違反するものであったり,非行事実が誤って認定されていたり,決定された処分が著しく重過ぎたりすることが理由とされます。このような場合に,決定の告知を受けた日から2週間以内に抗告することができます。抗告をするには,抗告の趣意を簡潔に記載した申立書を決定をした家庭裁判所に提出します。