右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判手続 少年事件Q&A > どのようなことを聴かれるのですか。話したことは裁判官に伝わりますか。


裁判手続 少年事件Q&A

第2 被害者保護制度

2 少年犯罪によって被害を受けた方の声をお聴きしています。

Q. どのようなことを聴かれるのですか。話したことは裁判官に伝わりますか。

A. 被害を受けた状況やその現状,被害による後遺症の有無や生活への影響,少年側からの謝罪や弁償の状況,事件や少年に対するお気持ちなどをお聴きします。家庭裁判所調査官は,被害を受けた方の心情等に十分配慮しながら話を聴き,他の調査結果と共に裁判官に報告します。