右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 少年事件 > 少年犯罪によって被害を受けた方の声をお聴きしています。


少年犯罪によって被害を受けた方の声をお聴きしています。

前述の少年犯罪によって被害を受けた方のための制度とは別に,家庭裁判所では,被害を受けた方の声を少年審判手続に反映させるために,被害を受けた方の心情やプライバシー等に十分配慮しながら,家庭裁判所調査官が書面で,あるいは直接お会いするなどしてお話を聴くことがあります。

  • 被害を受けた方から被害の実情や気持ちを聴いて,その声を少年に伝え,犯した罪に対する反省を深めさせるとともに,責任の重さを自覚させます。
  • 少年の保護者にもその声を伝えて,被害を受けた方への対応や少年への接し方などについて考えさせます。
  • 裁判官が少年に対する処分を決めるに当たっては,被害を受けた方から聞いた被害の実情や気持ちも考慮されます。
  • 家庭裁判所調査官に話された内容については秘密が守られますが,何かご心配なことがありましたら,遠慮なくお申し出ください。
被害を受けた方の声