右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判の話題 > 知的財産権訴訟における専門委員について


知的財産権訴訟における専門委員について

1. 専門委員制度とは

 知的財産権訴訟など,専門的,技術的な事項が争点となる訴訟(専門訴訟)において,一層充実した審理判断を実現するため,平成16年4月から専門委員制度が導入されました。この制度は,専門訴訟において,その専門分野の豊富な知見を有している専門家(専門委員)に訴訟手続への関与を求め,専門委員が,争点整理等の手続に際し,裁判官や当事者に対して,公平,中立なアドバイザーの立場から,その事件において争点となっている専門的技術について説明等を行うというものです(第1図)。

【第1図 専門委員の訴訟手続への関与のイメージ図】

第1図 専門委員の訴訟手続への関与のイメージ図

2. 知的財産権訴訟における専門委員について

 知的財産権訴訟,とりわけ特許権に関する訴訟においては,その争点が,複雑,高度な専門的技術に関するものであることが少なくありません。こうした訴訟では,争点となっている専門分野における最先端の科学技術に関する専門的知見を有する専門委員が手続に関与し,公平,中立の立場から,争点となっている専門的技術についての説明等を行うことにより,専門的,技術的事項に関する裁判所の審理判断がより適正かつ迅速なものとなり,その判断への信頼がより一層高まることが期待されます。

 知的財産権訴訟の専門委員は,最先端の科学技術の研究に従事している大学教授や研究者を始めとして,全国の各専門分野の第一人者ともいうべき方々により構成されており(第2図),その総数は,180人を超えています。各専門委員の専門分野は電気,機械,化学,情報通信,バイオテクノロジーなど多岐にわたっており,裁判所は数多くの専門委員の中から,具体的事件の内容に適した専門委員を指定することになります(第3図)。

 これまでに,全国で延べ200人を超える専門委員が知的財産権訴訟に関与しています。

【第2図 専門委員の職業別構成比】

第2図 専門委員の職業別構成比

【第3図 専門委員の活用】

第3図 専門委員の活用

3. 知的財産権訴訟における専門委員制度の一層の活用・充実

 裁判所では,知的財産権訴訟において争点となる高度な専門的,技術的事項に的確に対応した審理判断を実現するため,専門委員制度の更なる活用を図るとともに,専門委員との意見交換会等を実施するなどして,この制度の運用をより充実したものとするための取組を行っています。