右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判の話題 > 不動産から債権を回収するための裁判手続について~担保不動産からの債権回収を中心として~


不動産から債権を回収するための裁判手続について
~担保不動産からの債権回収を中心として~

不動産から債権を回収するための裁判手続について~担保不動産からの債権回収を中心として~

民事執行法上,2種類の手続が用意されています!

手続利用上のQ&A

不動産競売を利用すると

 不動産から債権を回収するための裁判手続としては,以上のほかに,判決等の債務名義を取得した上で債務者の不動産を差し押さえる不動産強制競売(不動産競売と同様の手続)と強制管理(不動産収益執行と同様の手続)の手続があります。
 より詳しく知りたい場合には,お近くの地方裁判所にお問い合わせください。

<<手続の概要をインターネットでご覧になりたい方>>

 最高裁判所ウェブサイトのトップページ(http://www.courts.go.jp/)から「裁判手続の案内」→「裁判所が扱う事件」→「民事事件」→「民事執行手続」(第2 その他の民事事件とその手続)の順にクリックしてご覧ください。