右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判の話題 > 裁判員制度の本格施行を控えて???裁判員裁判の審理について???


裁判員制度の本格施行を控えて -裁判員裁判の審理について-

いよいよ今年の5月21日から,裁判員制度が始まります。

裁判員裁判の審理

1 冒頭手続 

被告人が起訴された事実をすべて認めていたら,裁判員は何をするの?

 刑事裁判では,たとえ被告人がすべての事実を認めていても直ちに有罪になるわけではありません。事実を争っている事件と同じく,法廷で取り調べた証拠に基づいて事実があったかどうかを判断します。被告人が有罪であるということになれば,次に,どのような刑罰を被告人に与えるかを決めることになります。

2 証拠調べ手続

裁判員になったら,たくさん資料を見なくてはいけないの?

 法律の専門家でない国民の皆さんが刑事裁判に参加するのですから,争点の判断に必要な証拠だけが厳選され,かつ,法廷での審理を見たり聞いたりするだけで事件の内容を理解できるような審理を行います。
  裁判員が, 多くの書類を一つ一つ読み込まなければならないということはありません。

予定されていた審理期間が延びたらどうなるの?

 公判前整理手続において,裁判所と検察官及び弁護人が協議をして,審理の進行について綿密な計画を立てますので,基本的に,審理期間が延びることはないと考えています。万一,審理期間が延びた場合,改めて裁判員の都合をお聞きすることになりますが,もし辞退事由に当たるような支障がある場合には,辞任の申立てをすることができます。

3 弁論手続

 被告人が意見を述べると,事件の審理は終わります。
 審理が終わると,裁判員と裁判官は一緒に評議を行い,被告人が有罪か無罪か,有罪だとしたらどんな刑にするべきかを,議論し,決定します。
  判決の内容が決まると,法廷で判決の宣告がされます(裁判員は,判決の宣告にも立ち会います。)。

最後に~スタートにむけて~

 みなさんが刑事裁判に参加することにより,裁判の内容や手続に,みなさんの感覚が反映されるとともに,司法に対するみなさんの理解がより深まり,信頼が高まることが期待されています。 
  よりよい司法の実現に向けて,裁判員制度への一層のご理解とご協力をお願いいたします。

裁判員制度についての情報は,裁判員制度ウェブサイトにも掲載されています。是非ご覧ください!