右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判の話題 > 少年犯罪によって被害を受けた方のための新しい制度


少年犯罪によって被害を受けた方のための新しい制度

平成20年12月15日から,少年犯罪によって被害を受けた方のために,新たに「少年審判の傍聴」と「審判状況の説明」の制度が設けられました。

少年審判の傍聴

 少年審判手続は,原則として非公開とされていますが,少年の故意の犯罪行為(殺人,傷害等)や交通事件(自動車運転過失致死傷等)などによって被害を受けた方が亡くなってしまったり,生命に重大な危険を生じさせた傷害を負った場合,被害を受けた方やご遺族の方などは,少年審判の傍聴を申し出ることができます。
※ 少年が事件当時12歳に満たなかった場合には,法律により傍聴が認められていません。
※ 審判の傍聴を許すかどうかの判断には,法律上一定の手続が定められているため,審判期日の間近に申出がされた場合には,傍聴を許されないこともあります。

 審判の傍聴は,家庭裁判所が少年の年齢や心身の状態,事件の性質,審判の状況その他の事情を考慮して,少年の健全な育成を妨げるおそれがなく相当と認めるときに許されます。なお,審判の傍聴が許された期日であっても,審判の状況によっては審判廷から一時的に退室していただくこともあります。

審判の傍聴

 審判の傍聴を許された方が,傍聴をすることに著しく不安や緊張を覚えるおそれがあると家庭裁判所が認めるときは,その不安や緊張を緩和するのにふさわしい方に付き添ってもらうことができます。

イメージ図

審判状況の説明

 少年犯罪によって被害を受けた方やご遺族の方などは,審判期日における審判の状況についての説明を受けることを申し出ることができます。

 家庭裁判所が少年の健全な育成を妨げるおそれがなく相当と認めるときは,審判期日で行われた手続などについて説明を受けることができます。
※ 具体的には,審判期日の日時・場所,審判経過,少年や保護者の陳述要旨,処分結果等を指します。

その他の被害を受けた方のための制度

事件記録の閲覧・コピー

 事件の記録を見たり,コピーしたりすることができます。

意見陳述

 裁判官や家庭裁判所調査官に対して,お気持ちや事件についての意見を述べることができます。

審判結果の通知

 少年に対する処分結果等の通知を受けることができます。

その他の被害を受けた方のための制度

いずれの制度を利用する場合にも,申出が必要です。

被害を受けた方の声をお聞かせください