上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 最高裁判所 > 最高裁判所について > 最高裁判所の裁判官 > 木澤克之


最高裁判所の裁判官(木澤克之)


 写真:木澤克之

最高裁判所判事
木澤克之(きざわかつゆき)
(昭和26年8月27日生)

略歴

昭和49年
立教大学法学部卒業
昭和50年
司法修習生
昭和52年
弁護士登録(東京弁護士会)
昭和56年
東京弁護士会人権擁護委員会副委員長
昭和57年
立教大学法学部非常勤講師
昭和58年
東京弁護士会常議員
昭和63年
東京弁護士会弁護士研修委員会副委員長
平成4年
東京弁護士会弁護士研修委員会副委員長
平成6年
東京弁護士会司法修習委員会副委員長
平成7年
東京弁護士会人事委員会副委員長
平成12年
司法研修所民事弁護教官
平成13年
新宿区法律相談担当弁護士
平成16年
日本弁護士連合会司法修習委員会委員
平成16年
東京弁護士会司法修習委員会委員長
平成16年
立教大学法科大学院教授
平成19年
学校法人立教学院評議員
平成20年
東京弁護士会人事委員会委員長
平成21年
法務省人権擁護委員
平成23年
新宿区区民の声委員会委員(苦情処理機関・第三者委員会)
平成25年
学校法人加計学園監事
平成28年7月19日
最高裁判所判事

信条,趣味など

裁判官としての心構え

 正義と公平に適い,かつ,健全な社会常識に適う法律の解釈・適用に努めたいと思っています。

好きな言葉

 「道を伝えて,己を伝えず」という言葉があります。
 日本の幕末から明治に架けての動乱期に,キリスト教の伝道を行った宣教師チャニング・ムーア・ウイリアムズの生き方を表現した言葉です。私はキリスト教の信徒ではありませんが,ウイリアムズは,幾多の困難に全身全霊で立ち向かいながら人々の心を一つにまとめ,教会や学校・病院を造り,社会や世界を動かしました。そのような信仰の姿こそが,「『道を伝え』ることではないか」と思われます。そして「己を伝えず」。真の意味は未だ計り知れないものの,「自分の考えを相手に独善的に押しつけようとしない」とか,「自分の名誉や欲望のためにけっして人を利用しない」と解釈されています。事実,ウイリアムズは一介の宣教師に過ぎない自分の名が記憶されることを徹底して拒み,日記や手紙の多くを燃やしまでしたとも言われています。

印象に残った本

 池波正太郎作 「鬼平犯科帳」「真田太平記」
 宮尾登美子作 「きのね」

趣味

 人間国宝二代目中村吉右衛門丈演じる「鬼平犯科帳」が切っ掛けで,歌舞伎鑑賞に繋がってゆきました。

最高裁において関与した主要な裁判

※判示事項欄に「(裁判要旨)」の記載のある判決等の裁判要旨は,暫定的なものであり,確定した段階で変更される場合があります。