上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 最高裁判所 > 最高裁判所について > 最高裁判所の裁判官 > 小池裕


最高裁判所の裁判官(小池裕)


 写真:小池裕

最高裁判所判事
小池裕(こいけひろし)
(昭和26年7月3日生)

略歴

昭和50年
東京大学法学部卒業
昭和50年
司法修習生
昭和52年
判事補任官
その後,大阪地裁,横浜家裁・地裁川崎支部,最高裁民事局,最高裁総務局,東京地裁において勤務
昭和62年
東京地裁判事
昭和63年
最高裁総務局制度調査室長
平成3年
東京地裁判事
平成5年
最高裁総務局第二課長兼第三課長
平成8年
最高裁総務局第一課長
平成11年
最高裁事務総局審議官
平成16年
東京地裁判事部総括
平成18年
最高裁経理局長
平成22年
水戸地裁所長
平成24年
東京高裁判事部総括
平成25年
東京地裁所長
平成26年
東京高裁長官
平成27年4月2日
最高裁判所判事

信条,趣味など

裁判官としての心構え

 これまで,第一審,控訴審の裁判官として,できるだけ良い耳と良い目を持って証拠に当たり,具体的な事情を考慮して,法と常識に適う妥当な判断をするよう心掛けてきました。これからも,誠実に事件に向き合い,公正に,できるだけ幅広く考え,利害や見解の対立する事件についても,結論までの筋道がよく分かる判断をするように努めたいと思います。

好きな言葉

 初心忘るべからず
 この道より我を生かす道なし

印象に残った本

 最近は,自伝,評伝等を読むことが多くなりました。自分とほぼ同時代に生き,時代を切り拓いたガンジー,マンデラ大統領,オバマ大統領が,いずれも法律家であることに興味を引かれました。長岡藩の家老の娘であった杉本鉞子(えつこ)の自伝「武士の娘」を読み,困難な時代に凛として生きた女性の姿に感銘を覚えました。

趣味

 野球等のスポーツを卒業し,速歩きの散歩を楽しんでいます。総菜作り,絵手紙作り,ベランダ園芸も好きです。あまり凝らない性分に任せて,上達とは無縁な楽しさを味わっています。

最高裁において関与した主要な裁判

※判示事項欄に「(裁判要旨)」の記載のある判決等の裁判要旨は,暫定的なものであり,確定した段階で変更される場合があります。