上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 最高裁判所 > 最高裁判所について > 最高裁判所の裁判官 > 三浦守


最高裁判所の裁判官(三浦守)


 写真:三浦守

最高裁判所判事
三浦守(みうらまもる)
(昭和31年10月23日生)

略歴

昭和55年
東京大学法学部卒業
昭和55年
司法修習生
昭和57年
検事任官
その後,東京,宇都宮,福岡,名古屋各地検,長野地検上田支部,法務省刑事局等に勤務
平成10年
法務省刑事局参事官
平成12年
法務省大臣官房参事官
平成13年
法務省刑事局刑事法制課長
平成17年
法務省大臣官房審議官
平成21年
最高検検事
平成21年
那覇地検検事正
平成22年
最高検検事
平成22年
法務省矯正局長
平成25年
最高検監察指導部長
平成26年
最高検公判部長
平成27年
札幌高検検事長
平成29年
大阪高検検事長
平成30年2月26日
最高裁判所判事

信条など

裁判官としての心構え

 中立・公正の立場から紛争の適正妥当な解決を図るという司法の役割を果たすため,与えられた職務に対し,誠心誠意全力で取り組みたいと考えています。近年,社会が急速に変化する中で,社会における権利利益のあり様も複雑化し,価値観も多様化していますが,様々な視点から十分な審理・判断を行うことができるよう,自らも研鑽を積みたいと考えています。一つ一つの事件について,常に謙虚に,当事者の意見に耳を傾け,自らの良心に問いかけながら,考えを深めたいと思います。

好きなこと

 文字どおり北は北海道,南は九州・沖縄まで,多くの土地に勤務しましたが,それぞれの土地の歴史や文化,自然に触れながら地元の方々と交わり,様々な言葉に接し,その生活感や楽しみを味わうことは,少なからず私自身を豊かにしてくれました。今後も,自分の感受性を磨くのは自分で,との思いを持って,様々なことを楽しみたいと思います。

最高裁において関与した主要な裁判

※判示事項欄に「(裁判要旨)」の記載のある判決等の裁判要旨は,暫定的なものであり,確定した段階で変更される場合があります。