上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 最高裁判所 > 最高裁判所について > 最高裁判所の裁判官 > 鬼丸かおる


最高裁判所の裁判官(鬼丸かおる)


写真:鬼丸かおる

最高裁判所判事
鬼丸かおる(おにまるかおる)
(昭和24年2月7日生)

略歴

昭和48年
東京大学法学部卒業
昭和48年
司法修習生
昭和50年
弁護士登録(山梨県弁護士会)
昭和53年
東京弁護士会に登録換
平成 5年 
日本弁護士連合会両性の平等に関する委員会委員
平成 6年
司法研修所民事弁護教官
平成10年
日本弁護士連合会法曹養成センター委員
平成10年
東京弁護士会法曹養成センター副委員長
平成13年
日本弁護士連合会高齢者・障害者の権利に関する委員会委員
平成17年
東京弁護士会法曹養成センター委員長代行
平成18年
東京弁護士会高齢者・障害者の権利に関する特別委員会委員長
平成25年2月6日
最高裁判所判事

信条,趣味など

裁判官としての心構え

 憲法の番人としての役割を常に念頭におき,個々の事案に対し中立公正に向き合い,丁寧な判断をすることを心構えとしています。

好きな言葉

 柔よく剛を制す。
 ローマは一日にしてならず。

印象に残った本

 「ローマ人の物語」著者 塩野七生

趣味

 ヨガ,ピラティス

最高裁において関与した主要な裁判

※判示事項欄に「(裁判要旨)」の記載のある判決等の裁判要旨は,暫定的なものであり,確定した段階で変更される場合があります。