上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 最高裁判所 > 最高裁判所について > 最高裁判所の裁判官 > 大谷直人


最高裁判所の裁判官(大谷直人)


 写真:大谷直人

最高裁判所判事
大谷直人(おおたになおと)
(昭和27年6月23日生)

略歴

昭和50年
東京大学法学部卒業
昭和50年
司法修習生
昭和52年
判事補任官
その後,東京地裁,最高裁刑事局,裁判所書記官研修所,富山地家裁において勤務
平成元年
最高裁調査官
平成6年
東京地裁判事
平成7年
司法研修所教官
平成10年
最高裁刑事局第一課長兼第三課長
平成12年
東京高裁判事
平成13年
東京地裁部総括
平成14年
最高裁秘書課長兼広報課長
平成17年
最高裁刑事局長兼図書館長
平成19年
最高裁人事局長
平成23年
静岡地裁所長
平成24年
最高裁事務総長
平成26年
大阪高裁長官
平成27年2月17日
最高裁判所判事

信条,趣味など

裁判官としての心構え

 昭和52年に判事補に任命されてから,これまでの間,法廷傍聴に来られる方々の数は,学生の皆さんを中心に飛躍的に増えたと思います。裁判員裁判の導入などもあって,国民と裁判所との距離は確実に縮まっているというのが実感です。しかし,その分,裁判所が期待に応えているかどうかを問う,国民の目は厳しくなっているとも思います。最上級審,最終審である最高裁判所の裁判官の職責の重さを忘れずに,気負うことなく,しかし同時に,心を傾けて,一つ一つの事件に誠実に取り組んでいきたいと考えています。

好きな言葉

 「人間は努力する限り迷うものだ」(ゲーテ「ファウスト」)

印象に残った本

 直前の任地,大阪は,生まれて初めて生活する場所でもありました。街の空気を知りたくて,大阪(大坂)を舞台にした作品をあれこれ読みあさりました。特に,朝井まかて,西加奈子,柴崎友香,津村記久子さんたち,現在活躍中の女流作家の作品からは,それぞれの大阪への熱い思いが伝わってきて,感銘を受けました。

趣味

 そのときの気分に合わせて選んだ音楽をかけながら小説を読むのが,長年変わらない気晴らしの方法です。若い頃から愛読してきた一冊をあげるとすると,ディケンズの「荒涼館」でしょうか。ストーリーの面白さだけでなく,裁判とは,法律家とはという鋭い問いかけも印象的な作品です。

最高裁において関与した主要な裁判

※判示事項欄に「(裁判要旨)」の記載のある判決等の裁判要旨は,暫定的なものであり,確定した段階で変更される場合があります。