上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 最高裁判所 > 最高裁判所について > 最高裁判所の裁判官 > 山﨑敏充


最高裁判所の裁判官(山﨑敏充)


 写真:山﨑敏充

最高裁判所判事
山﨑敏充(やまさきとしみつ)
(昭和24年8月31日生)

略歴

昭和48年
東京大学法学部卒業
昭和48年
司法修習生
昭和50年
判事補任官
その後,東京地裁,最高裁行政局,最高裁広報課,那覇地家裁石垣支部及び平良支部において勤務
昭和60年
最高裁調査官
昭和62年
最高裁人事局任用課長兼調査課長
平成5年
東京地裁判事
平成8年
東京地裁判事部総括
平成11年
最高裁秘書課長兼広報課長
平成14年
最高裁人事局長
平成19年
最高裁事務次長
平成20年
千葉地方裁判所長
平成21年
最高裁事務総長
平成24年
名古屋高裁長官
平成25年
東京高裁長官
平成26年4月1日
最高裁判所判事

信条,趣味など

   私は,昭和50年に判事補に任命されて以来およそ39年にわたり裁判官として職務を行ってきました。その間,裁判をするに当たっては,それぞれ対立する当事者の主張に十分耳を傾け,中立公正の立場から,熟慮の上,理性的に妥当な判断を示すように心掛けてきました。最高裁判所判事としても,裁判に臨むこうした姿勢を続けていくつもりです。もっとも,最高裁判所は,最終審として,法令等が憲法に違反しないかどうかを審査するほか,重要な法律問題について解釈を示し,社会のルールを明らかにする重い責務を担っています。こうした職責をしっかりと果たすために,常日頃から社会全体の動きに関心を払い,できるだけ広い視野を持って多角的に問題を考察するように努めたいと考えています。

   私の好きな言葉のひとつに「初心忘るべからず」という言葉があります。これまでの経験に安易に寄り掛かることなく,慢心を戒め,初心に立ち返って,担当する一件一件の事件に誠実に取り組む覚悟です。

   休日は,本を読んだり,音楽を聞いたりして過ごすことが多いので,趣味ということでは,まず,読書や音楽鑑賞を挙げたいと思います。とくに,美しい音楽を聞いてゆったりした時間を過ごしていると,心が癒される思いがします。一番の愛読書は,中勘助の「銀の匙」です。中学生時代に国語の授業で親しんだ作品ですが,折にふれて読み返すたびに,その清らかな美しさに魅了されます。また,以前に名古屋で勤務した頃に,「歴史散歩」と称して,歴史にゆかりのある地を訪ねて歩くということを始めました。これからも,健康の維持を兼ねて,できるだけそうした機会を作り,東京の街を歩いてみようと考えています。

最高裁において関与した主要な裁判

※判示事項欄に「(裁判要旨)」の記載のある判決等の裁判要旨は,暫定的なものであり,確定した段階で変更される場合があります。