上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 最高裁判所 > 見学・傍聴案内 > 最高裁判所の庁舎見学 > 令和元年度夏休み子ども見学会のご案内


令和元年度 夏休み子ども見学会のご案内

~ 夏休みのひととき,最高裁判所を楽しんでみませんか ~

小法廷

最高裁判所では,小学生を対象として,夏休みに見学会を実施します。
この見学会では,法廷の見学のほか,通常の見学とは異なり,裁判体験企画などを実施します。
この機会にぜひご参加ください。参加費は無料です。
具体的な実施日や申込方法は,以下のとおりです。

1   日時

【小学1年生から小学4年生対象】
   8月1日(木) 午前 (10:00~11:45)
                     午後 (14:00~15:45)
   8月2日(金) 午前 (10:00~11:45)
                     午後 (14:00~15:45)
【小学5年生及び小学6年生対象】
   8月5日(月) 午前 (10:00~11:45)
                     午後 (14:00~15:45)

※ 各回とも途中退出はできません。

2   対象者

小学生とその保護者。1グループにつき1名以上の保護者の同伴が必要です。
※ 上記のとおり,8月1日,2日は小学1年生から小学4年生の児童を,8月5日は小学5年生及び小学6年生の児童を対象とした内容で企画しております。お申込みの際はご注意ください。
なお,各日とも対象学年でない児童であってもご参加いただけます。

中学生を対象とした見学会は,こちらをご覧ください。

3   定員

各回200人(保護者を含む。)
定員を超える申込みがあった場合は,抽選を行います。

4   内容

裁判体験企画,法服を着用しての記念撮影,各国の法服展示,クイズラリーなど

5   申込方法

往復はがき(124円のもの)によりお申し込みください。

【申込期限】
6月12日(水)まで(当日消印有効)

【注意事項】
(1)  希望日及び希望回(午前・午後の別)を必ず記載してください。
(2)  申込みは,全6回を通じて1グループにつき1通とさせていただきます。複数の希望日・希望回を記載したり,2通以上の申込みをしたりしないでください。
(3)  ペン又はボールペンを使用し,こすると消えるボールペンや鉛筆は使用しないでください。
※ 以上と異なる申込みはがきは,すべて無効とさせていただきます。
      また,申込み後の変更は受け付けられませんのでご了承ください。

【往復はがきの記載事項】
(1)  往信用はがきの表面
      〒102-8651 東京都千代田区隼町4番2号 最高裁判所「子ども見学会」係

(2)  往信用はがきの裏面
      ①   希望日,希望回(午前・午後の別) (例)  8月1日   午後
      ②   参加人数(保護者を含めて1グループ5名まで)
      ③   参加者全員の氏名(ふりがな),子どもの学年
      ④   保護者の郵便番号,住所,電話番号
      ⑤   申込みのきっかけ(以下の中から選んでください。)
         ・最高裁ウェブサイト
         ・新聞(新聞名を記載してください。)
         ・テレビ(テレビ局名を記載してください。)
         ・知人から聞いて
         ・その他(具体的に記載してください。)

(3)  返信用はがきの表面(裏面には何も記載しないでください。)
      申込者(保護者)の郵便番号,住所,氏名
       (裁判所からの返信はがきが届くように記載してください。)

【記載例】※必ず往復はがきでお申し込みください。

 往復はがき記載例(往信)  往復はがき記載例(返信)

6   当選発表

6月26日(水)までに,返信はがきを発送します。

7   問合せ先

最高裁判所広報課(庁舎見学専用ダイヤル)
電話 03-3264-8151
平日の午前9時00分から午後5時00分まで。抽選結果についてのご照会には応じられませんので,返信はがきの到着をお待ちください。
最高裁判所の所在地

8   その他

※ ペットボトルなどふた付きの容器に入った飲料の持込みはできます。指定する場所でお飲みください。庁舎内に飲料販売機のご用意はございません。
※ 節電対策のため,冷房の運転を抑えています。ご不便をおかけしますが,ご理解とご協力をお願いいたします。  
※ 当日,報道機関による取材がある場合もあります。