上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > さいたま地方裁判所・さいたま家庭裁判所 > さいたま地方裁判所・さいたま家庭裁判所について > 広報活動 > 平成30年度埼玉県民の日子ども企画結果報告


平成30年度県民の日子ども企画「刑事裁判体験ツアー」を実施しました。

 さいたま地方裁判所では,刑事裁判について関心を持ってもらうため,埼玉県民の日である11月14日(水)に刑事裁判体験ツアーを実施しました。
 多数の方の御応募をいただきましたことを,心より御礼申し上げます。

 当日は,「裁判官による手続説明」,「模擬裁判」,「質問コーナー」,「記念撮影」などを行いました。

当日の様子

 今回の体験ツアーは,小学校5年生から中学校2年生のお子さん及びその保護者を対象にしました。
 
 はじめに,裁判官から刑事裁判についての手続説明がありました。

裁判官による説明の様子

 その後,実際の法廷を使用して,強盗致傷を題材とした模擬裁判を行いました。お子さん達は裁判官,弁護人,検察官のいずれかの役を演じていました。
 お子さん達は,シナリオに沿ってそれぞれの役柄になりきって熱心に演じ,本番さながらの裁判の様子が再現されていました。
 また,模擬裁判の内容を踏まえて,各役柄ごとにどのような判決を出すべきか,裁判官と一緒に相談して結論を出しました。

模擬裁判の様子

 模擬裁判終了後,裁判所についての理解をより深めていただくため,質問コーナーを設けました。お子さん達からはたくさんの質問がありました。
 最後に,法服(裁判官が着用している黒い服)を着て裁判官と一緒に記念撮影を行い「刑事裁判体験ツアー」を終了しました。

参加者からの感想

・とても良い体験になった。機会があればまた参加したい。
・刑事裁判について詳しく,知ることができた。
・検察官,弁護人,裁判官の立場が理解できた。
・判決の内容を考えることが少し難しかったけれど,楽しかった。

 さいたま地方裁判所では,国民の皆様に裁判所について一層御理解をいただくために,今後も広報行事を開催していきます。詳細が決まりましたら,当ホームページでも紹介しますので,御覧ください。