上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > さいたま地方裁判所・さいたま家庭裁判所 > さいたま地方裁判所・さいたま家庭裁判所について > さいたま家庭裁判所長


さいたま家庭裁判所長

さいたま家庭裁判所長

さいたま家庭裁判所長

秋 吉 仁 美 ( あきよし ひとみ )

(昭和33年1月5日生)

略歴

 昭和58年に東京で裁判官に任官し,その後,札幌,東京,熊本,横浜の裁判所に勤務しました。その間,民事事件を中心としつつ,刑事,家事,少年など各種の事件を担当し,平成10年からは司法研修所教官,平成26年からは裁判所職員総合研修所長として,職員等の研修にも携わりました。平成28年7月22日付けで,さいたま家庭裁判所長に就任しました。

ご挨拶

 この度,さいたま家庭裁判所長を務めることになりました秋吉仁美です。暮らしやすく,自然にも恵まれた埼玉で勤務できますことを大変嬉しく思っております。
 家庭裁判所は,夫婦・親子などの家庭に関する紛争の解決や,非行を犯したとされる少年の処遇を決める,皆様にとって身近な問題を扱う裁判所です。今,家族を巡る紛争は深刻化し,少年非行にも心が痛みます。そのような事件に携わる裁判所として,利用される皆様が,それまでの紛争に区切りを付け,平穏な生活を取り戻して,前に歩み出せるような,また,少年の再非行防止に寄与するような,「適正・迅速な裁判」,「分かりやすい裁判」,「利用し易い裁判」に努めて行きたいと思っています。皆様のご理解とご協力を賜りますよう,よろしくお願いいたします。