上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > さいたま地方裁判所・さいたま家庭裁判所 > さいたま地方裁判所・さいたま家庭裁判所について > さいたま地方裁判所長


さいたま地方裁判所長

さいたま地方裁判所長

さいたま地方裁判所長

山 田 俊 雄 ( やまだ としお )

(昭和29年2月25日生)

略歴

 静岡県出身で,昭和55年に大阪地裁判事補として裁判官に任官し,その後,釧路地家裁,東京地裁,広島地裁,青森地家裁八戸支部等で勤務しました。近年の略歴は次のとおりで,埼玉県での勤務や生活は初めてとなります。
平成19年7月 東京地裁判事(部総括)
平成23年3月 函館地家裁所長
平成24年7月 東京地家裁立川支部長
平成26年6月 東京高裁判事(部総括)
平成29年3月 さいたま地裁所長

ご挨拶

 埼玉県は全国で5番目の人口を擁する県であり,県内の裁判所(本庁,支部4庁,簡易裁判所11庁)にも多くの民事事件,刑事事件が係属しています。
 民事事件は,適正,迅速な判断はもとより,当事者からの納得性の高い審理運営が求められています。平成21年に始まった裁判員裁判は,概ね安定的な運用が図られていますが,裁判員の方々が安心して裁判に参加していただけるための配慮がより必要になっているように感じます。
 裁判所に対する国民,県民の皆様方の信頼に応え,質の高い司法サービスが提供できるよう,環境整備に努めていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。