上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 札幌地方裁判所・札幌家庭裁判所 > 見学・傍聴案内 > 裁判を見るときの注意


裁判を見るときの注意

法廷で行われている裁判は,原則として,いつでも,誰でも見ること(傍聴)ができます。
(法廷とは,公開の裁判の手続きが行われている部屋のことです。)
札幌地方裁判所で裁判を傍聴するときには次のことを守ってください。

  • 裁判所へ行くには
    公共の交通機関をご利用ください。最寄り駅は下記のとおりです。
    ・ 地下鉄 → 西11丁目駅(東西線)
    ・ 市電 → 中央区役所前
    ・ 中央バス → 北1条西12丁目(札幌桂岡線など)
    ・ ジェイ・アール北海道バス → 北1条西11丁目(北7条線[31],南新川線[37])
                      → 西11丁目駅前(北7条線[31],南新川線[37],啓明線[51・53])
    ・ じょうてつバス → 西11丁目駅前(真駒内線[南4・南54・南64])
    札幌地方裁判所の位置は,札幌地方裁判所の所在地をご覧ください。
  • 裁判所構内に入ったら
    カメラや録音機は,自分のバッグやケースに入れてください。
    裁判所構内や庁舎内では,ビデオやカメラ等の撮影,録音はできません。
    また,裁判所には多数の裁判関係者が出入りしていますので,騒いだり,大声を出すことはしないでください。
  • 法廷の場所
    法廷は本館の7階(701号~706号,708号~712号)と8階(803号~806号)にあります(この他,本館の3階及び7階にラウンドテーブル法廷(301号~304号,707号)があります。)。裁判はおおむね平日の午前10時ころから午後4時ころまでの間に行われています。
    本館1階の「本日の開廷法廷のご案内」コーナーには,その日に予定されている裁判について,どの法廷で行われるかを表示しています。
  • 法廷に入る前に
    ・「開廷中」の表示が法廷の入り口付近にありますが,そこに電気がついて明るくなっている法廷で裁判が行われています。裁判の時間・事件名などは法廷前に掲示している「開廷表」をご覧ください。
    ・座る席がないときは,別の法廷で傍聴してください。立ち見はできません。
    ・携帯電話の電源は,法廷に入る前に切ってください。
    ・審理の妨げにならない限り,審理の途中で入廷・退廷しても結構です。傍聴する方の年齢制限もありません(ただし,法廷内が騒がしくなると審理の妨げになりますので,乳幼児をお連れの方は傍聴をご遠慮いただくことがあります。)。
    ・法廷の入り口付近に「傍聴についての注意」の看板がありますので,この注意事項を守ってください。
傍聴についての注意
  • 法廷に入ったら
    「傍聴についての注意」に書いてあることを守るほか,次のことも守ってください。
    ・ 居眠りはしないでください。
    ・ アラーム付きの時計は鳴らさないようにしてください。
    ・ トイレに行くときは静かに出入りしてください。
    ・ 裁判中のおしゃべりはやめてください。

※新聞やテレビで大きく報道された裁判については,抽選で配布する傍聴券を持っている人だけが傍聴できる場合がありますので注意してください。
なお,傍聴券を交付する事件は,傍聴券交付情報に掲載しています。

【お問い合わせ】
裁判の傍聴について確認したいことがある場合は下記までお問い合わせください。
札幌地方裁判所事務局総務課広報係
電話 011-350-4803