上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 札幌地方裁判所・札幌家庭裁判所 > 裁判手続きを利用する方へ > 札幌地方裁判所・札幌簡易裁判所の手続案内 > 5.裁判所における自己破産の申立手続の説明について


5. 裁判所における自己破産の申立手続の説明について

札幌地方裁判所破産係では,破産の申立てを希望するご本人で,かつ札幌市,江別市,石狩市,恵庭市,北広島市,千歳市,当別町,新篠津村に居住する方に限って,破産の申立てに関する手続の説明会を行っています(これ以外の市町村に居住されている方は,最寄りの各裁判所で申立手続の説明を受けることができます。)。

この手続説明会は,2時間程度かかります。また,他の参加希望者と一緒に集団での参加となります。

なお,債務の内容等によっては,法テラス等への相談を優先していただく場合があります。

破産申立手続説明会の開催日時

  • 水曜日(閉庁日を除く。)の午前10時10分から

破産申立手続説明会参加の受付

  • 参加を希望する方は,札幌地方裁判所破産係窓口に直接お申し込みください。電話での参加申込みはできません。
  • 申込受付時間は,平日の午前9時から午後4時までです。ただし,手続説明会当日に申込みをする場合は,当日の午前9時までに申込みをしてください。
  • 申込みの際,「来庁者カード」へ所要事項を記入していただきます。なお,「来庁者カード」の記載内容を審査した結果,法テラス等への相談を優先していただく必要があると判断した場合には,手続説明会への参加をお断りすることがありますので,ご了承ください。

破産申立手続説明会の順序

  1. 破産手続説明ビデオの視聴[約15分]
  2. 破産申立書の交付,記入要領の説明,必要書類の説明[約90分]

注意事項

  1. 裁判所では,破産申立てをした方がよいかどうかなどの相談には応じていません。このような相談の中には,破産申立てが認められるかどうかという,裁判の結果に関する判断が含まれるからです。迷っている方は,法テラス等にご相談の上,来庁してください。
  2. 裁判所では,債権者による日常の取立行為への対応や別に起こされる裁判(訴訟,支払督促など)に関する相談及びアドバイスは行っていません。法テラス等の相談機関のご利用をお勧めします。
  3. 電話による申立ての手続説明や申立書のみの交付は行っていませんので,ご本人が来庁の上,手続説明会に参加してください。
  4. 手続説明会に参加された場合であっても,必要書類が用意できない等の理由で破産申立書の作成ができない場合があります。また,破産申立書を作成して裁判所に提出しても,申立書の記載内容が不十分であったり必要書類がそろっていない等の理由で,再度裁判所においでいただいたりして,申立ての受理までに数か月の期間を要する場合がありますので,ご注意ください。